賃貸物件を借りて入居するまでの流れを知ろう【ちんたい太鼓判】

利用するために出費する

高層ビル

不動産屋で部屋を借りる賃貸契約をする際には、ある程度お金がかかります。そのため貯金がないと部屋を借りることができないのです。具体的に賃貸契約の初期費用としてかかるお金には、敷金と礼金、仲介手数料、火災保険料、保証料、前家賃、家賃などがかかります。敷金と礼金は家賃の1カ月分から2ヶ月分程度で仲介手数料は家賃の1カ月分が上限とされています。その他に部屋で火災保険料、賃貸保証会社を利用する場合には保証料を保証会社に納める必要があります。入居が月半ばの場合には、月末までの日数分の家賃、つまり前家賃と家賃は前払いですので次月の家賃分がかかります。すべてひっくるめて家賃の6カ月分は初期費用としてかかると思っていていいです。

部屋を借りる時には、敷金や礼金といったお金がかかります。これが物件によってはかからなかったり安くなる物件もあるのです。初期費用が安いという人は特に部屋を借りたくてもあまりお金がない人やまだ給料が少ない人など、借りやすいという利点があります。賃貸契約のときに費用が安いので借りやすいといっても注意しなければならないのは、退去時に原状回復のためにお金がかかることがあるということです。その点は、賃貸契約締結の前に契約書をよく確認して不明点があれば質問をしてみるということです。また月半ばに入居した場合に15日に入居したら月末までの日数分の家賃がかかります。不動産会社のご好意によって前家賃はカットしてもらえる業者もあります。

賃貸物件を借りて入居するまでの流れを知ろう【ちんたい太鼓判】

Copyright(c) 2015 賃貸物件を借りて入居するまでの流れを知ろう【ちんたい太鼓判】. All Rights Reserved.