賃貸物件を借りて入居するまでの流れを知ろう【ちんたい太鼓判】

契約について

積み木の家

アパートやマンションの部屋を借りている契約をしていると、そのままずっと住むことはできず契約期間が決まっていますので、その期間が過ぎる前に契約更新をするのかそれとも退去するのかを決める必要があります。契約期間は通常は2年間となっています。契約内容によっては、期間が決まっていない場合もありますが大抵は2年間で契約期間が満了する1ヶ月前くらいになると賃貸契約更新の連絡が文書等で不動産会社からきます。手続きの書類が同封されていますので、賃貸契約更新の契約書等を記入して返送します。それから指定の期日までに更新にかかるお金を指定された口座に振り込みを完了させて賃貸契約更新の手続きが完了となります。退去の場合は前もって連絡が必要となります。

賃貸契約更新をする時には、更新するのにお金がかかります。具体的にかかるお金としては、更新料、更新手数料、火災保険料、保証料などがかかります。それに毎月の家賃がかかりますので、更新月のためにある程度お金を用意しておく必要があります。更新料は家賃の1カ月分、更新手数料は家賃の0.5ヶ月分を上限としています。賃貸契約期間満了とともに火災保険が適用される期間も終了しますので、更新する場合は新たに火災保険への再加入が必要となります。そして、部屋を借りる時に家賃保証会社を利用して入居した場合ですが保証料もまたかかります。ただし、保証会社によっては2年間家賃の未払いがなくトラブルもなければ保証料を割り引いてくれる会社もあります。

賃貸物件を借りて入居するまでの流れを知ろう【ちんたい太鼓判】

Copyright(c) 2015 賃貸物件を借りて入居するまでの流れを知ろう【ちんたい太鼓判】. All Rights Reserved.